切なる願いをいだく時に



神に受け入れられる本当の祈りは、聖霊に導かれる祈りでなくてはなりません。私たちの心を導いて、神を仰ぎ見るようにしてくださる方は、聖霊以外にないからです。
人は心に計画を持つ。主はその舌に答えを下さる。人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし主は人のたましいの値打ちをはかられる。あなたのなそうとすることを主に委ねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない(箴言16:1-3)。

つまり神のための働きにおいて、特に祈りにおいて、心に計ることと舌の計ることが一致するためには、神の御霊によって整えられていなければならない、ということです。事実,舌はそれ自身としては、恐れも知恵も持たないで勝手に動きやすいものです。けれども、心に答えて舌が語る時は、しかも聖霊によって整えられた心に答える時は、舌は、神が命じられ,求められることをそのまま語ることができます。ダビデは自分のたましいは神を仰いだ、と言っていますが、これはまことに力強い言葉です。

主よ、わたしのたましいは、あなたを仰いでいます。わが神。私は、あなたに信頼致します(詩篇25:1,2)。

御霊の力に頼ることをしないで、神を仰ぎ、たましいを神に向けようとするならば、それは大変むずかしいことと言わなければなりません。だからこそ、神の御霊が「哀願の霊」と呼ばれるのだと思います。

わたしはダビデの家とエルサレムの住民の上に,恵みと哀願の霊を注ぐ(ゼカリヤ12:10)。

たましいが神に願い求める時、聖霊が助けて下さいます。それでパウロは、

すべての祈りと願いを用いて、どんな時にも御霊によって祈りなさい(エペソ6:18)

と書きました。

■出典:「ジョン・バニアンによる祈りの力」、ジョン・バニアン/棚瀬多喜雄訳、いのちのことば社、pp.81-82


mbgy_a05.gif