捧げ物について



律法は来るべき良き方の影であり、実体(本体)はキリストです(コロサイ2:17、ヘブル10:1)。旧約聖書に書かれている事柄はすべてイエスがどなたであり、何をして下さり、私たちが何を得ることができるかの予型(タイプ)です(ルカ24:27,44)。例えば、ノアの箱舟もイエスを予表します(1ペテロ3:20,21)。出エジプトで啓示されている幕屋もイエスを予表します(詳細はこちら)。レビ記は普通ややこしい旧訳の儀式を羅列している書として退屈な印象があるようですが、実はもっとも豊かにキリストを描いている書です。レビ記1章から5章に書かれている種々の捧げ物はまさにキリストその方を表しています。

  1. 燔祭(レビ1章)
    • 燔祭は「焼き尽くす捧げ物」あるいは「全焼の捧げ物」と呼ばれます。傷のない牛・羊・鳥に→キリストは傷のない神の子羊(ヨハネ1:29、1ペテロ1:19)
    • 動物の上に手を置く→一体となること(ローマ6:5、1コリント6:17)
    • 解体され、焼き尽くされる→神の炎によって焼かれたキリスト(ヨハネ19:28、ヘブル13:11,12)

  2. 素祭(レビ2章)
    • 上等の小麦粉→キリストの完全な人間性(マタイ11:29)
    • オリーブ油→御霊の内住(1ヨハネ2:27)
    • 乳香→キリストの復活の香
    • 酵母・蜜を入れてはならない、塩で味付ける→地の塩として塩気を持つ必要(マタイ5:13、マルコ9:49,50)

  3. 酬恩祭(レビ3章)
    • 傷のない牛・羊
    • 解体して焼きつく→主に対する宥めの香また主の食物としてのキリスト(ローマ3:25、5:10,11、1ヨハネ2:2,4:10)
    • 血と脂肪は主のもの→キリストの血と油の蓄えは神のもの(ヘブル10:19、マタイ25:1-11)

  4. 罪祭(レビ4章)
    • 私たちの内に住む罪への対処(ローマ7:17)
    • 罪のないキリストが罪とされた(2コリント5:21)
    • 神は御子の肉体において罪を処罰された(ローマ8:2)
    • 私たちは罪の元にいない、罪は私たちを支配する力を持たない(ローマ6:7,14)

  5. 愆(ケン)祭(レビ5章)
    • 私たちの犯す個々の罪(sins)への対処(ヨハネ1:29、ヘブル9:25,26)
    • 私たちの個々の罪は神の前にはもはやない(イザヤ43:25、エレミヤ31:34)
    • 旧約では覆われていたが(ローマ4:7)、新約では罪(sins)は取り除かれている(ヨハネ1:26)



mbgy_a05.gif